スタッフブログ

原田 純也

グイドシンプレックス 運転補助装置

[2020/02/17]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもDS STORE福岡のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ワークスの原田です。

初めてグイドシンプレックス(自動車運転補助装置)が取り付けられた車両を運転したときに最初に気になったことは、ツイストレバーの取り付け位置がステアリングに近いため大きくステアリング操作をすると手の甲をツイストレバーがかすめることがあったので自分が取り付けるとしたらなど考えていましたが、間違いでした。
取り付け位置には理由がありまして足が不自由な方が運転した場合、体を支えるのは腕のみとなるため右手でステアリング操作をして左手でアクセル操作をするとコーナーリング中やブレーキング中にバランスを崩しやすい状態ですが、グイドシンプレックスの装置はステアリングに指をかけた状態でアクセルやブレーキ操作を行えるため非常にバランスがとりやすく高速走行時などはレバー単体で操作した時より腕にかかる負担がかなり軽減できたと感じました。


最近、グイドシンプレックス(運転補助装置)に触れる機会が増えてきましたので操作していて気づいた点や特徴などがありましたら今後お伝えしていきたいと思います。


グイドシンプレックス(運転補助装置)に興味がある方は是非お問い合わせください。

原田 純也

グイドシンプレックス 自動車運転補助装置の取り付け

[2020/01/20]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもDS STORE福岡のブログをご覧いただき、ありがとうございます。


ワークスの原田です。



以前ご紹介させていただいたグイドシンプレックス(身体障害者用運転補助装置)の取り付け作業です。

ステアリングの横に取り付けられた電気式のツイストレバーはアクセルペダルを押すのではなく電気信号でアクセル操作を行うことができるので操作は非常に軽いです。

レバーの途中にある赤いボタンを押すと補助装置が解除されるので、ボタン一つで健常者の方でも気軽に動かせるのが特徴です。
補助装置を取り付けるとペダル廻りが狭くなりがちですが、グイドシンプレックスは足元がすっきりしていて乗り降りがしやすく健常者との共同使用でも違和感はないと思います。

グイドシンプレックスは、お客様と自動車に合わせて1台1台手作りで作業を行うため他社製品に比べると時間と費用が掛かるかもしれませんが、
操作性や内装の加工も最小限で行うので自動車のデザイン性を損なうことなく車両への取り付けが可能です。


自動車運転補助装置に興味がある方は、是非
グイドシンプレックスをご検討いただければと思います。

原田 純也

グイドシンプレックス(運転補助装置)のご紹介

[2019/08/19]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもDSストア福岡のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


ワークス原田です。



今回、弊社で取り扱っておりますグイドシンプレックスという運転補助装置のご紹介をさせていただきます。

ハンディキャップがある為にフランス車に乗る事を諦めていた人たちの夢をかなえるためグイドシンプレックスを取り扱っております。




取付例のご紹介
この装置は左のレバーを下に下げるとアクセルが作動し、押すとブレーキが掛かるシステムです

アクセル操作をしている場合でもブレーキを作動させる事が可能で、その時アクセルは自動で解除されます。

また、電気式のツイストレバーはアクセル信号を電気信号で行う為、きわめて軽い力で操作が出来ます。
是非、夢をかなえて下さい!ご連絡お待ちしております!

原田 純也

車検

[2019/01/30]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもDSストア福岡のブログをごらん頂き誠にありがとう御座います。


ワークスの原田です。



車検でご入庫のDS3を点検させていただきました。

普段は走行などに異常が無い限り点検することが出来ないので細かいところまで点検していきます。

ブレーキ廻り、車両下廻りは異常なさそうですね。
エンジンルーム内を点検するとオイル漏れがありますね

アルミ製のエンジンに樹脂パーツとゴムのガスケットを使用しているため
熱変形などでオイル漏れを起こしているようなので定期的に交換が必要な部品ですね。

このほかドライブベルトのひび割れによる交換やオイル交換などを実施しました。
次にエアコンフィルターの交換です。

DS3はエンジンルーム側からアクセスします。
敏感な人はそろそろ花粉を感じているのではないでしょうか?



車検以外にも6ヶ月点検や1年点検も実施しておりますのでぜひご利用ください。

原田 純也

ウィンタータイヤ

[2018/11/11]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもDSストア福岡のブログをご覧頂きありがとうございます。

ワークスの原田です。

本日はウィンタータイヤのご説明です。

日本の冬は気温・天候の変化が激しく、積雪だけでなく、雪がシャーベット状になった状態や、凍結など、路面の状態が様々に変化します。こういった路面でも、安全に運転できるよう開発されたタイヤがウィンタータイヤです。

一般にサマータイヤは7℃以下の気温では性能を発揮することができず、冬の様々な路面状態でのドライブも想定されておりません。しかしウィンタータイヤは、低温下でも性能を発揮できる特殊なゴムや、各路面状態に対応できるトレッドパターン(溝)となっていて、冬の変化の激しい路面でもしっかりと車をコントロールすることが可能です。

当店では各メーカーのウィンタータイヤを幅広く取り揃えて、お客様をお待ちしております。冬の安全なドライブのためにもウィンタータイヤのご購入をぜひご検討ください。